千葉中央生コンクリート協同組合│千葉県│千葉市│生コンクリートの共同販売│生コンクリートの品質管理│技術の改善向上

qrcode.png
http://www.chibachuo-kys.jp/
携帯・スマートフォンでも
ご覧いただけます。
 
▼ご利用にあたってのご注意事項
機種・OS・ブラウザ等のご利用環境によっては、正しく表示されない場合や一部機能等がご利用いただけない場合がございます。
 

千葉中央生コンクリート
協同組合
〒260-0045
千葉県千葉市中央区弁天1丁目2番8号 四谷学院ビル5階
TEL.043-207-8101
FAX.043-207-8103
───────────────
・生コンクリートの共同販売
・生コンクリートの品質管理
・技術の改善向上
───────────────
 
 

 
千葉中央生コンクリート協同組合 事務局は、12月30日から1月6日まで休業させていただきます。
 
組合員の各工場の年末年始休業予定は、こちらからご確認いただけます。
 

 
 

ごあいさつ

 

理事長挨拶

理事長挨拶
 
2020年のごあいさつ
平素より大変お世話になり、心よりお礼申し上げます。
 
さて昨今の国内景気は米中貿易摩擦を巡る緊張、中国経済の減速、英国のEU離脱の行方、消費増税による消費の冷え込み懸念等による国内外リスクに留意する必要があるものの、全体としては雇用・所得環境の改善が続くなかで、東京五輪後まで見据えた成長分野への投資、自然災害対策を含むインフラ整備、景気の下振れリスクへの備えを3本柱とする大型経済政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待されています。
 
ついに念願の東京オリンピック開催の年を迎えた2020年。オリンピック特需の恩恵を享受した生コン業界の今後の需要動向が気になるところです。当協組におきましては今年度、千葉市役所建替え、パルコ跡地でのマンション建設、競輪場跡地の再開発、幕張の再開発等の大型物件が需要を支え、堅調に推移するものと想定しています。
 
一方市況面では、各生コン協組とも生コン価格の改善に強い姿勢で臨んでおり、当協組も昨年より組合員が一丸となって取り組んだ結果、目標には至っていませんが一定の値上げを達成できました。しかしながらこのレベルではコストアップを到底吸収できず、組合員を取り巻く未曽有の厳しい状況は改善されていません。従って更なる値上げに取り組むため、関係の方々の更なるご支援、ご協力をお願い申し上げる次第です。
 
顧客の信頼に応え、社会的使命を果たすためにも適正な価格確保にご理解頂きますとともに、より一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
 
末筆ながら、皆様のご繁栄をお祈り申し上げます。
 
千葉中央生コンクリート協同組合
理事長  小林 秀虎
<<千葉中央生コンクリート協同組合>> 〒260-0045 千葉県千葉市中央区弁天1丁目2番8号 四谷学院ビル5階 TEL:043-207-8101 FAX:043-207-8103